リュウグウノツカイはクラゲを愛したい

綺麗なものが好きだけど、オタクな部分も否めない

感覚的な話が多いです。

「可哀そう」という言葉の使いどころが分からず悩んでおります。

最近よく「あんたにかわいそがられる筋合いないから!」なんて台詞を耳にします。

その影響かは分かりませんが、テレビを見ている祖母が「まあ、可哀そうねえ」なんて言うと、(本当に可哀そうなんだろうか?上から目線に聞こえるし、そう言われたら私はどう感じるだろうか)なんて考えてしまったりします。

 

夢をかなえるゾウの続編、貧乏神さんのお話を読みました。

「いい人になろうとしていませんか?」と金無幸子さんは言いました。

私は、嫌われるのだけはどうしてもできない、と何か必死にそう思いました。

私はどちらかというとドリーム貧乏だと思いますけどね。