リュウグウノツカイはクラゲを愛したい

綺麗なものが好きだけど、オタクな部分も否めない

雑多

特に理由は無いんですが、気に入ってる写真なので

プロフィール画像を差し替えました。

 

かきつばた杯は何も思い浮かばなかったので

駄目でした…。

最近あまり文書くことしてないです。

でもカクヨムに投稿してみたりしました。

いつもどおり気まぐれライフです。

 

秋アニメ、楽しみにしていた作品が多くて

とっても楽しみです。

 

脈絡は無いんですがこれは少し前にツイッターでフォロワーさんに描いた

タマモキャットさんです。

可愛く描けたのでお気に入りです。

f:id:kokiri385:20171016060659p:plain

朝焼け

朝焼けの色が桃色だ赤だというのを何度か目にしました。

何度か朝日を拝んできたけれど、一度もそんなことはありませんでした、

うすい白、明るい黄色、水色とのグラデーション。

なぜでしょうね?運が無いのか何なのか。

拝んでみたいんですけれど。

まだ日の登らない、青みがかった空の色が好きです。

早起きしたとき、徹夜したとき、昼夜逆転しているとき、

カーテンを開けると真っ暗だったのが少しずつ青くなっていく、

まだ薄暗い時間の空の色が好きです。

お題「この色が好き」

母さんへ

職場であった出来事をよく話してくれる母ですが、

先日「私はこんなに上司に嫌味を言ったり、嫌がらせを思いついてしまうけど、娘たちはそんなこともなく素直に育ってくれたなあって思う」と言ってましたね。

確かにそういうの私は考える脳があまり無いですが、

ジョーク程度の嫌味は言うし(それで他人を傷付けてたら土下座物だが)、

意地の悪いツイートをしたり、理不尽なシナリオを考えてみたり、

性格の悪さはちゃんと継いでいるので安心(?)してください。

実在しないキャラクターに対しては私も結構滅茶苦茶やってますよ。

母さんはグロテスクなものが嫌いなので直接は言えませんが、

私はライトなリョナラーですから…

落書き

f:id:kokiri385:20170526173059p:plain

久しぶりに落書きです。随分前に流行った診断メーカー「死神派遣会社しゃれこうべ」より事故死部ベテラン死神。名前は特に考えてないです。

多眼に見せかけて眼球は二個だけ、瞼が四つです。上を向けば下の目が白目になるといった具合。

いつもはやらない塗り方と色の使い方をしたので楽しかったなあ、という絵です。

最近は人と距離を置いてみたり、ファイアーエムブレムヒーローズを始めてみたり、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを遊んだり、絵を描いたりTRPGで遊んだり、暗いこと考える時間を減らして遊びまくっています。

自分について考える時間を作らない、考え過ぎないっていうのは楽ですね。

最近疑問に思うこと

f:id:kokiri385:20170208183622p:plain

ツイッターで話題になっていた画像のパロディです)

こういう人って誰が救済してくれるんだろう、というのが最近の悩み事です

これも精神疾患とかに入るのかしら…

本人に悪気はなく後悔も反省もしているのに過ちを繰り返すのは、

後悔と反省と自律が足りないからなのでしょうか。

愛されないと余計捻くれて必死になって執着して、それって悪循環では?

自覚できるところは自制するけれど自分を全て制御するなんてなかなかできない話。

(私の場合自身の行いを認められないのか、本当に管轄外なのか、行動と思考の乖離なんてものも感じるんですが)

誰にも彼にも愛想尽かされた人間は死にゆくしかないのでしょうか。

それもまた種を存続するための淘汰と言われてしまえば納得がいくのです。

コミュニティを破壊し誰とも交友を持てない個体は生産性がありませんからね。

それって哀しい話だなあ…と。

 

色々考えてしまうのも甘えのうちに入るだろうし、

罪悪感に耐えきれず原因究明と解決策を考え始めるのでしおらしい態度というのがとれない。

しおらしい態度がとれないのは傲慢なせいもありますが。

つい最近また問題行動をしてしまい、

誠心誠意謝罪し活動を自粛しているんですけれど、

しおらしい態度はとれませんでしたし、

本当に自分は申し訳ないと思っているだろうか?と

自分に日頃から信用が無いばかりに不安になりました。

(しおらしい態度を求めるのは日本の文化だよなぁ…なんて思ってしまうあたり、やはりクロのような気がします。考え過ぎるだけとも言えます)

 

一昔前なら、とかかの変人だったことで有名な誰それは、とか

そういったこと考えて、自身もそういった道を歩むべきなのか、とか。

(結局どうにも自身に甘いので)

 

ドロップアウトしてから6年程経ちましたが、いやはや

弱者というのは時間をこれだけ消費しても立ち直れないようです。

ほとほと呆れてしまいますね。

自身の話です。(分かりきったことですが、上記の考えは他人には適用されません)

気分

感情や感覚や空想を表現するのに言葉が使われますが、

言葉には言葉の意味言葉の成り立ち音の雰囲気文字の色舌に乗せた感触

とにかく色々な物がついてきているように感じることもあります

 

何かを表現したいとき、

この言葉は破壊的だ、この言葉は清涼感が足りない、

とにかく何かが違うと感じることもあります

 

何かを表現したいとき、

この言葉だけでは足りない、これだけでは全てが補えない、

とにかく当てはまり得る全ての言葉を使っても足りないと感じることもあります

 

そうやって色々考えたり、選び悩んだり、並べ立てたり、

もがいているうちに相手から、

切りすてられてしまうような感覚があったりとか。

 

もっと言葉を知れだとか、もっと早く的確に分かりやすく話せだとか、

そうして溶け込んでこのモヤモヤは消えてしまうのだろうかとか、

それは個の死を指すのだろうかとか、

考えてしまうわけです。

 

 

そういうことを考えてしまうから私は秀でた才能が無いのだろうし

考えることだけをしてきたわけではないから結局

私という存在は中途半端で不必要で

何処へ行っても受け入れられることはないんでしょうねと

そんなことを思いつつ、それでも

ゲームをしたり絵を描いたりして結局

それほど深刻な悩みでもないんでしょう、私にとって

きっとその程度で向上心など無いんでしょう。

そうやって自己嫌悪で話題を締めくくっておけば良いと考えている

なんと堕落した精神だろうと。

日々そんなことを考えたり考えなかったり、気分屋な生活をしています

さて

最近はTRPGばかりしております

まあ人と喋るのが得意かと言われれば

昔は口達者で生意気な餓鬼でしたけれど

「口は災いのもと」を痛感して数年

なんとも難しいものです。

 

楽しいからと羽目を外し過ぎぬよう

沈黙を不快に思われぬよう

きつい言葉を出さぬよう

自分の言葉で語るよう

相反する心がけや矛盾した考えで

これは自律神経失調症待ったなしでは?などと

ふざけたことを考えながら。

 

根はごっこ遊びが大好きな女児ですから

ロールプレイというものが大好きですから。

けれどどうしても0か100かでしか生きられないもので

もっとうまく休めればと思うんですけれど。